HIV検査キット

HIV検査キットおすすめランキング!

もしかしてHIVをがウツされたかも・・・
そんな不安を抱えているのであれば、一刻も早くHIV検査を受けるべきです。

 

HIV検査キットを使用すれば、自宅にいながら誰にも会わず
HIV検査を受けることができます。

 

検査結果もWEBやメール、郵送で送ってもらえるので、
誰にも結果を知られることはありません

 

ネット上では様々な性病検査キットが販売されていますが、
当サイトでは中でもコスパに優れ、検査結果も早く分かるおすすめのキットを
厳選して紹介しております。

 

 

HIVの検査だけをしたいならコレ!

 

ふじメディカル HIV検査キット

検査結果が分かるまでのスピードがズバ抜けて早いところが何より良いところ。提出する検体は血液採取のみ、あとはポストに投函するだけ。メールでの通知を選択すれば、ポストに投函した翌々日には結果が分かります。一刻も早くHIV検査の結果が知りたい人は迷わずふじメディカルのキットを選ぶと良いですよ!

  • 検査項目・・・HIVのみ

 

価格 結果通知方法 結果通知まで
3,300円 電話、メール、郵送 最短で検体提出の2日後

さくら検査研究所 HIV検査キット

コストを最重要視するなら、さくら検査研究所を選ぶと良いですよ。ふじメディカルと比べると、結果が出るまで若干時間がかかりますが、価格が安いのが何よりのメリットです。

  • 検査項目・・・HIVのみ

 

価格 結果通知方法 結果通知までのスピード
2,700円 電話、メール、郵送 最短で検体提出の4日後

STDチェッカー HIV検査キット

ふじメディカル、さくら検査研究所以外の検査キットを探しているのであれば、オススメはSTDチェッカー!検査結果はWEB上でのみ確認することができます。

  • 検査項目・・・HIVのみ

 

価格 結果通知方法 結果通知までのスピード
4,968円 WEB上のみ(ID,PW入力) 検体提出から3〜4日

この機会に性病の検査全般を行いたい人にオススメのキット!

この機会に、HIVのみならず、性病全般の検査を受けたいと考えている人も多いはず。
HIVの心配があるのであれば、他の性病の心配も当然ありますからね。

 

HIVを含め、一般的な性病の検査ができるおすすめのキットを以下に紹介しておきますね!

 

 

HIVを含め、一通りの性病検査をしたいならコレ!

ふじメディカル 9項目セット
ダントツの一番人気!一通りの性病検査をしたいならコレ。コスパにも優れており、検査結果の通知も早いと評判です!
  • 検査項目・・・HIV、梅毒、淋病、クラミジア、トリコモナス、カンジダ、B型肝炎(抗原、抗体)、C型肝炎

 

価格 結果通知方法 結果通知まで
12,000円 電話、メール、郵送 最短で検体提出の2日後

さくら検査研究所 8項目セット
HIV1項目の検査キットは安いさくら検査研究所ですが、8項目となるとふじメディカルより値段が高くなってしまいます。検査項目はふじメディカルと同じ。
  • 検査項目・・・HIV、梅毒、淋病、クラミジア、トリコモナス、カンジダ、B型肝炎、C型肝炎

 

価格 結果通知方法 結果通知まで
16,200円 電話、メール、郵送 最短で検体提出の4日後

STDチェッカー タイプE

1万円以内で収めたいのであれば、STDチェッカー検査のタイプEを選択するのもアリかもしれません。カンジダやトリコモナスが入っていないのが残念なところ。

  • 検査項目・・・HIV、梅毒、淋病、クラミジア、B型肝炎

 

価格 結果通知方法 結果通知まで
9,936円 WEB上のみ(ID,PW入力) 検体提出から3〜4日

バイセクシャルの彼・・・HIVの不安からエイズ検査を受けました。

私がHIV検査を受けようと思ったのは、今から約10年程前の20代前半の頃でした。
その時に交際していた男性から「自分はバイセクシャルである」と告白された事がきっかけです。
彼は私以外にも男性の交際相手がおり、その男性との性交渉もあるということでした。

 

 

その時は彼がバイセクシャルであるという驚きしかなかったのですが、
後にゲイの人やバイセクシャルの人の間でHIVが蔓延しているという話を聞き、
もしかしてバイセクシャルの彼と性交渉の経験がある私にも、
HIVにかかる可能性があるのではないかと不安に思い始めました。

 

そこで私は、近所でHIV検査を受けることが出来る場所をインターネットで調べ、
近くの地域健康福祉センターに行くことに決め、検査の予約を電話で行いました。

 

当時は今のように自宅で検査できるHIV検査キットというものの存在を知らず、
HIV検査と言えば保健所や病院で受けるものと思っていました。

 

どんな検査をするのか、他に検査を受けに来ている人がいるのか、
ドキドキしながら当日福祉センターに向かったのですが、
フロアには他に検査を受ける人の姿は見当たらず、自分一人でしたので、
プライバシーが守られているようで少し安心しました。

 

看護婦さんから簡単な検査の説明を受け、採血をしたのですが、
検査結果が出るまでは「もしHIVだったらどうしよう」という気持ちと、
「まさか自分がHIVにはならないだろう」という気持ちが頭の中をぐるぐる回り、
そわそわして落ち着かなかったです。

 

採血してから1時間も経たないうちに、今度は医師の先生が待つ部屋に呼ばれ、
いよいよ検査結果が伝えられます。
先生に検査結果の紙を見せられながら「結果は陰性ですよ」と言われて、
心の荷が降りたようで本当にほっとしました。

 

医師の先生が言われるには、やはりHIVを防ぐためには
性交渉時のコンドームの使用がとても大切だということです。
私は恥ずかしい話ですが、たまに彼とはコンドームを使用せずに性行為を行っていた事もあったため、
自分の軽率な行いを反省するとともに、自分の身体を守るためにも、
コンドームの使用は大事なことなのだと改めて再認識させられました。

 

本当はHIV検査を受ける心配のない生活を送ることが一番理想なのかもしれませんが、
私はこの検査を受けることで、改めてHIVの怖さや自分の身を守ることの大切さを考えさせられたので、
HIVの検査を受けたことはとても良い経験になりました。

 

HIV検査はどこでも簡単に受けられますし、きちんとプライバシーを配慮して下さる病院や施設が多いです。
検査前は不安でドキドキするかもしれませんが、即日検査で当日すぐに結果が分かるものもありますので、
少しでもHIVに対して不安な気持ちがあるならば、きちんと検査を受けてみることをおすすめします。

 

HIVは気付かない間に体を蝕むとても恐ろしい病気です。
自分の身体や、大切な相手の事を守るためにも、HIVの検査を受けることを怖がらずに、
一歩を踏み出して欲しいと思います。

子づくりの前に念のためにHIV検査を受けました。

1年ほど前、子どもを作る前に「念のため確認しておこう」と思い、
最寄りの保険所でHIV検査を受診しました。

 

仕事の休みが土日だった為、土日検査を行っている保険所をネットで調べました。
事前予約は不要で、twitterで混雑状況をツイートしてくれる親切な保険所でした。

 

受診当日は車で伺ったものの駐車場がわからず、保険所についた頃には
受付時間間際になってしまいましたが、受付の方が快く受け付けて下さり、
病院特有の事務的な対応でなく、温かい対応で受付していただき安心したのを覚えています。

 

受付で「匿名か仮名で結構ですので」と受診者名簿に苗字を記入しました。
HIV検査の流れの説明の後、番号札を渡され、個人情報を一切明かすことなく待合室に案内されました。

 

待合室では番号札と同じ番号のシールが添付された検査器具を掲示され、
これからこの器具を使って検査する旨の説明を受けました。
採血をするので他人のものと間違わないようにしっかりと確認して下さいと念を押されました。

 

待合室では私の前に4人、後から1人受診されました。
待合室の前にはHIVに関するテープが流れるテレビ、テーブルの上にはHIVに関する情報が載った冊子や
漫画が置かれており、それぞれが思い思いに待っていました。

 

15分ぐらいで私の番号が呼ばれ、お医者さんのいる個室に通されました。
まず「HIV検査を受けたことがあるか」「最後の性行為があってからどれぐらい過ぎたか」、
「検査の結果が仮に陽性だった場合の心構え」などの問診を受けました。
次に器具が番号札と同じか確認され、採血を行いました。
検査としては以上で、あっという間に終わり検査結果待ちの待合室に案内されました。

 

待合室では最初に通された部屋と同様にTVが流れ、HIVに関する冊子が置かれていて、
流し読みしながら30分ほど待ったと記憶しています。 
「陽性だったら子どもは諦めなきゃな」と心の奥で思いながら、
じっと今までの自分の行いを思い出していました。

 

 

しばらくすると番号で個室に呼ばれ、お医者さんに口頭で「陰性です」と告げられました。
大丈夫だとは思っていましたが、お医者さんに直に言われると本当に心からホッとしました。
最後に「質問や不明点などないか」か聞かれ、HIVに関する冊子をいただいて終了でした。

 

これから子どもを考えている方は、子どもの為にも受診した方が良いと思います。
思い当たるふしがあるから受診を悩みます。
陰性なら安心して子どもを作ることが出来ますし、陽性ならエイズを発症しない為に
今後どうするか考えることができます。

 

私はHIV検査を受けて安心して子どもを望むことが出来るようになり満足しています。

一日も早くHIV検査を受けるべき!

なぜ私がHIV検査を行おうと思ったきっかけは、友人に検査について相談されたことがきっかけです。

 

友人は、外国人のパートナーがいて基本的に避妊をしないとの話で、
病気になっていないかが心配とのことでした。
私はその時特定のパートナーはいなかったのですが相談にのっているうちに
自分もHIV検査をしたことがなかったことに気がつきました。

 

 

会社の感染症検査の項目にはHIV項目は含まれておらず、
肝炎と梅毒だけでしたので私も検査してみようと思いました。
そこで、どこで検査するのかを考えていたら、昔コマーシャルで
GLAYのTERUがパートナーのためにも保健所で検査をしよう。
という様な内容のコマーシャルがあったことを思い出し、
早速保健所に電話し検査方法や料金、匿名性などを問い合わせたところ、
検査も特に予約も不必要で当日時間内に来院すれば良いとのことで料金も無料、
そして匿名で検査できるとのことでしたので私は保健所で検査を行いました。

 

保健所に着いたらまず匿名のため受付はイニシャルで記入し、あとは簡単な問診票がありました。
その内容は、あまり深くプライベートな質問はなかった様に思います。
例えば、今まで検査したことがあるかなどの内容でした。

 

その後待合室で少し待っていたのですが、その席も外や他の方たちからは
見えずらくなる様に配慮されており特に抵抗はなかったです。
ですが、他の検査の方も数名いらっしゃったので少し気まずかったです。

 

その個室で採血を行い、一週間後に再度来院して欲しいとのことでしたので、
日にちと時間を予約して帰宅しました。

 

一週間結果を待っている間に、もしHIVに感染していたらどうしよう、
とか昔HIVに感染した少女のドラマなど思い出してとても怖かったのを覚えています。

 

私自身不特定多数と性交渉をしてはいないのですが、避妊具をつけなかったこともあったので、
まさかと頭をよぎりました。なるべくそのことは考えない様一週間過ごしました。

 

一週間後、結果を聞きに保健所に行くと診察室に通されて先生が結果を教えてくれました。
私は、陰性で結果用紙もいただいて帰りました。
正直、結果を聞いてホッとしました。

 

結果が出たあとは、今後性交渉する際は必ず避妊具をつけようと強く思いました。
これから検査を受けようとしている人は、不安な気持ちもわかりますが検査自体は匿名だし、
無料で行えるし、プライバシー保護もしっかりしています。

 

HIV検査キットを使えば誰にも会わずに結果を知ることができます。
不安な人は一日も早い検査をおすすめします。