HIV検査キット

風俗通いからHIVの不安→HIV検査を受けることに!

今から4年ほど前の話になります。

 

実は、お恥ずかしい話なのですが、当時の自分は、妻以外にひとりお付き合いというか、
月に2回くらい会って食事をした後にホテルへ行くという関係を持っていた女性がおりました。
さらに、月に一度くらいのペースである風俗店にも出入りしていました。

 

要するに、複数の女性と何らかの性的な接触を持っていたという環境にあったわけです。
そんな中、何気なく自宅で見ていたテレビのニュースで、最近HIVのキャリアが増加している
(厚生労働省か保健所のデータを報道したものではなかったかと記憶しています)という話題を耳にしました。

 

 

特に同性間ではなく、異性間での性的な接触を原因とする感染が激増しているという話でした。
同じ時期にネットニュースにおいても同じような話や、特集記事などを目にする機会もあって、
当時の自分の性生活と照らし合わせた時に、漠然とした不安を感じました。

 

一度感じた不安は、時間の経過とともに解消するわけでもなく、
逆に悶々とした日々を過ごすということなったのです。
それから1ケ月半くらいは気分にさえない日々を過ごしていましたが、電車のつり革広告だったと思いますが、
保健所で意外と気軽にエイズ検査ができること、匿名でプライバシーは守られることを目にし、
こうして悶々と過ごすより、「異常なし」との結果で早く楽になりたいと思うようになったのです。

 

検査は、有給休暇をとって、新宿で受けました。ホームページで調べて予約してから行ったので、
驚くくらいスムーズでした。簡単な採血で終了です。
都の施設だったからか、料金も取られませんでした。
緊張して身構えていきましたが、拍子抜けを感じるほど、あっさりとしたものだなと思ったのを覚えています。

 

結果は1週間後に同じ場所に出向いて聞くということでした。
待っている間は、意外に平常心で穏やかな心境でした。
まったく変わらない日常生活を送りました。
ただ、約束の日時に結果を確認しに行くということだけを忘れないように意識していました。

 

結果は、陰性。医師から簡単な説明を受けながら聞きました。ホッとしました。
こんなことなら早く受けておけばよかったと思いました。

 

それから、風俗通いだけは封印しました。
あんな思いはしたくないというのが、原動力です。
これから、検査を受けようとするみなさんには、とにかく早いに越したことはないということをお伝えしたいです。
検査はあっけないほど簡単で、結果は早く出ます。

 

忙しく保健所や病院に行けないのであればHIV検査キットを使用すれば
自宅でHIV検査を行うことができます。
不安で悶々とするよりはるかに賢明な選択だと確信しています。